「税に関する高校生の作文」本校生徒が入賞しました!

★令和2年度「税に関する高校生の作文」受賞者★
国税庁が昭和37年度から毎年実施している「税に関する高校生の作文」。これは次代を担う高校生が、税を題材とした作文を書くことを通じて、税に対する関心を一層深めていただきたいという趣旨で実施しているものです。12/7(月)、知覧税務署長さんが来校され、今回受賞した本校生徒への表彰を行っていただきました。受賞者は下の通りです。

◎熊本国税局長賞
看護学科基礎課程2年 崎原 乙葉(沖縄・琉球大附中出身)
題名:誰かの幸せの為にできること

◎知覧税務署長賞
普通科特進Ⅱ類2年 谷川 あこ( 熊本・西合志中出身)
題名:熊本地震で学んだ税金

◎川辺地区租税教育推進協議会長賞
普通科文理3年  永江 仁美(鹿児島・枕崎中出身)
題名:デジタル課税の導入と日本の将来について

看護学科基礎課程3年 永田 優心(鹿児島・和田中出身)
題名:私を支えてくれる税

看護学科基礎過程2年 高三潴 瑠菜(熊本・鏡中出身)
題名:税金のありがたさ

【お知らせ】

令和3年度入試の情報は以下のボタンから閲覧できます。

2020年12月9日 紹介