12/17(月) 看護実習体験発表会

2今日午後から体育館で「看護学科実習体験発表会」が開かれました。看護学科基礎課程と専門課程の全生徒およそ1000名が集まり、司会・調整・マイク・タイムキーパー・記録・会場整理などすべて生徒たちの手で行われました。9名の代表者が持ち時間10分の枠で発表しましたが、みな落ち着いており堂々としておりました。
・「健康と環境における看護の役割」   1年 枦川 瑠奈
・「患者さんに寄り添って」       1年 草薙 楓夏
・「薬が患者に与える影響」       2年 福吉 沙耶香
・「Positive Communication Nursing」    2年 大迫 空飛
・「認知症の患者さんとの関わり」       3年 山形 萌愛
・「患者様との関わりで得たもの」       3年 上鶴 翔人
・「両全人工膝関節置換術を受けたE氏への看護」3年 宮脇梨里花
・「その人らしく生きるための看護」~意識障害のある患者との関わりを通して~ 専1年 中村茉莉亜
・「発語がみられない患者とのコミュニケーション」~スピーチカニューレ挿入中の患者との関わりを通して~
専2年 吉崎丈一郎