6/27(水) 消費者教育

5限目の3年生鳳凰学の時間に、消費生活センターの相談員をお招きして、消費トラブルに巻き込まれないための講話をして戴きました。

成人年齢の引き下げに伴い、今後、高校生がトラブルに巻き込まれる危険性が増えることも危惧され、具体例を挙げて注意事項をお話下さいました。インターネットトラブル、出会い系サイトトラブル、オンラインゲームトラブル、キャッチセールスなど、高校生が悪質商法の被害者になりそうな危険な罠があちこちに仕掛けられている現状の紹介と、そのような罠に陥らないための心構えや手段を教えて戴きました。わずか45分の短い時間でしたが、このような機会を増やし、トラブルを未然に防いでいけたらと思います。

EPSON MFP image消費者教育2

 

2018年6月27日 未分類